旗本金田一族の歴史
   


 

旗本金田氏の家系は「寛政重修諸家譜」の巻第五三五乃至五三七の三巻で明らかにされている。
その出自は良文流の平氏とされ、上総国の豪族上総氏の一支流に源を発している。             
治承4年(1180年)8月に打倒平氏の兵を挙げ、9月の石橋山の戦いに敗れた源頼朝が、安房国で再挙を図ると、上総介広常は上総国内の平家方を掃討し、2万騎の大軍を率いて頼朝のもとへ参陣した。(吾妻鏡)      
この上総介広常の弟で、上総国長柄郡金田郷(現在の千葉県長生郡長生村金田)に住み、金田姓を名乗るに至った金田頼次を以て元祖とする。頼次は同じ良文流の平氏の一族、三浦大介義明の娘婿であった。
源頼朝の時代に金田頼次が現在の東京湾を船で行き来していた名残として、今日木更津市の金田海岸・三浦半島の金田湾に名前を残していると推測される。                            

しかし、兄の上総介広常が謀叛の疑いで暗殺されると、金田頼次も連座して千葉介常胤に預けられることになった。後に上総介広常の疑いが晴れてその一族は赦免されたが、頼次は蟄居中に病死し、その子康常が御家人として復帰した。しかし上総氏の広大な所領は千葉常胤や和田義盛などに分配された後だったので、返還されることは無かったという。その赦免は当初より予定されていたことだろうというのが現在では大方の見方である。

その後、金田頼次の後裔は千葉氏の一族として、上総の国勝見城主として戦国時代まで残った。(寛政重修諸家譜)             
勝見城は現在の千葉県長生郡睦沢町寺崎にあり、上記上総国長柄郡金田郷とも近いので金田氏初期の居城であったことは疑いのない事実と思われる。しかし、その後鏑木城(千葉県旭市鏑木)蕪木城(千葉県山武市松尾町蕪木)を領して、鏑木氏・蕪木氏とも称している。その間、勝見城はどうなっていたのか寛政重修諸家譜には記載されていない。             

戦国時代初期、金田信吉の代になり勝見城主として里見氏と戦っていたと寛政重修諸家譜では記載されている。 
1525年頃、金田信吉の次男金田正興は勝見城を去り、三河国幡豆郡一色村に移って松平氏の家臣となる。里見義堯が積極的に上総・下総に進出してくる頃であり、上総国に勢力を維持できなくなったことが原因と思われる。                            

三河に移ってからは、徳川氏(松平氏)草創期に当たり、松平信忠・清康・広忠・家康の4代に仕え歴史の転換期に活躍の場を与えられることになる。 その後、江戸時代になると旗本金田氏として3000石の家が二家(美濃国各務郡・賀茂郡内3000石及び武蔵国比企郡・入間郡内3000石)、その他数家が旗本して幕末まで存続することができた。


 
 
  平成27年8月 「旗本金田氏家史研究会」のサイトが開設されました。是非ともバナーをクリックして訪問してください。


参考資料

金田正祐と金田寺
金田与三左衛門(潮見坂と裁断橋)